« 10数年ぶりの手芸 | トップページ | 水戸黄門 »

10数年ぶりの手芸Ⅱ

070224_1 ←手甲できましたぁ~!マジックテープで装着ラクチンだし、裏地をキルティングにしたのでけっこうカッチリ仕上りました(o^―^o)ニコッ キッチンのミトンのようですけど、一応手甲なんですよ

これで次回から日焼けは大丈夫かな?濡れてもいいように、後何枚か作ってみよう♪

今日は仕事で缶詰なのに、こんな時間を過ごしてしまった・・それから嬉しいことに先程息子が帰ってきました。3ヶ月近くも帰ってこなかったので、待ちに待った日です。本当は昨日だったのに、残業で遅くなるから帰れないと連絡があったのは、張り切って夕飯を作っている最中、今日はちょっと力が抜けてしまったけど・・楽しい夕飯を過ごしたいと思います(=´∇`=)

« 10数年ぶりの手芸 | トップページ | 水戸黄門 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

楽しい夕飯のはずが、家族で大喧嘩になってしまいました
元々無口な息子・・私の問いかけにも口数少なく
期待していたわけじゃないけど、何だか涙がでてしまい
今日は娘がデートなのに、帰ってきて!と
ベソ電話してしまった。怒っているような娘の答え
三人で夕飯を食べ、ゴリさんが気をきかせて席をたってくれ
その後に怒って帰ってきた娘、それから私と娘と親子喧嘩に
それからは4人での喧嘩になってしまった
ゴリさんは表に出ろ!と息子の態度に怒り
私は泣きながら、息子を抱きしめるしかなかった
やっと落ち着いて各部屋に戻ったと思ったら
息子の部屋に「ごめんね」と手紙が、帰ってしまったみたい
楽しい夕飯が、とんでもない事になっちゃった

mimiさん、元気だして・・。
子供に、期待している訳ではない、でも、問いかけには、答えて、欲しいのでしょう。ひさしぶり・・だから、会話をしたい、心配しているって・・息子さんも、解かっていると、思います。すなおに、返事、出来ないんだよねぇー・・多分、いつまでも、子供ではないって、言いたいんだと、思う。ゴリさんは、解かったと思いますよ、でも、母親に対しての、態度に怒ったんだと、思います。娘は、自分の時間に、対して、なぜ、仲介役として、取られるのか、親子で何してるのか、っと、文句を、言いたかったのでしょう。
申し訳ない、偉そうに・・・うちは、親子というよりも、友達?!の家族なのかな・・学校や法的な面では、親子の役割を果たしておりますが、生活の面では対等な、一人の人間として、認めているつもりです・・決して、頭ごなしにものを
言うことは、しません。なにしろ、「子は、親を写す鏡」とか・・・えらそうに・・本当にすみません。
なぜか、mimiさんの、オタオタしてる姿が、目に浮かぶようで・・もしかして、エスパー・kaki??
ゲ・ン・キ・・・でたぁ?

今朝は目がボッコリで・・ふぅ
なんだかなぁ~小さなことで涙がでちゃって
それが大きな問題になっちゃって
また暫く帰ってこないかもしれない

kakiさん、ありがとうm(_ _)m
kakiさんの言うとおりなんです
娘は放っておいても生きていける子
不器用な息子のことは心配で心配で
でも、昨日帰ってくるときに手土産持ってきたんですよ
こんなことで喜んでしまったり・・
>オタオタしてる姿が、目に浮かぶようで・
子供のことは些細なことでもオタオタしてしまいますね
仕事だったらドッシリ構えられるのになぁ((;・・ヘ)

思っていることを素直に口にすることが出来なかったり、
つい思っていることの逆をいってしまったり、先回りし
て言われるとウザそうな顔をしてみたり、思春期の男って
結構やっかいなもの。女心とは非ずして似たるところもある・・・。
不器用・・・だから、口数が少ない・・・から、心配で可愛くもあるんですよね。
大丈夫ですよ(^.^)、手土産を持ってきたり、「ごめんね」の置手紙、感謝の気持ちを持ったステキな息子さんじゃないですか。母親の涙の気持ちも父親の怒りも分かっているし、十分家族の温かさを感じ取っているからこそのこと。かまってもらえなくなったり心配されないってことが一番悲しいと思っていますよ。
頑張れ!おかあさん!

Iwasakiさん、アドバイスありがとうございます
>十分家族の温かさを感じ取っているからこそのこと
感じているんでしょうか?そう思いたいです
>大丈夫ですよ(^.^)、
そう言ってもらいたいんですよね・・私
自分だけで考えると心配ばかりで、
大丈夫なんて思えなくって、
早く安心して見守れたらと思います

今の時代、不器用な人は特にストレスが溜まりやすい。
器用な人はそこそこうまく立ち回れる場面でも、そうでない
人はやたらと壁にぶちあたる。
「北の国から」の純みたいなのかな、息子さんは?

mimiさんはそれをみていて、わが息子だから余計に、心配に
なるのでしょうか。でもだいじょうぶですよ。いろんな壁に
ぶつかった人間ほど強くなりますからね~。
手土産持ってきたり置手紙書いたりとってもやさしいじゃな
いですか。

ゴリさんかmimiさんがもし病気にでもなったら、きっと真っ先に息子さんとんできますよ。

はまちゃん、ありがとうございます
強くなってほしいです!両親がよく言っていた言葉で
「いつまであると思うな親と金」
私がこれをわかるまで何年かかったでしょう?
息子が気がつくのは何歳かな?なんて思ってしまう
気長に待つことにします(o^―^o)ニコッ

皆さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10数年ぶりの手芸Ⅱ:

« 10数年ぶりの手芸 | トップページ | 水戸黄門 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

第5回ナリーズ杯

最近のトラックバック

無料ブログはココログ