« 誕生日の花 | トップページ | 15,16日連荘 »

ニワトリ物語

10051311 1005132_3

↑某市にある野池です。昨日たまたま.仕事で行った現場のすぐ傍だったので眺めていたらへら鮒釣りをしていた。話を聞くとかなりの大物が釣れるんだって!ビックリ!

地元の方に迷惑がかかるので、ちょっと公にできないのでモザイクをかけました。こうした内緒の池ってたくさんあるんですよねぇ~しかしきれいな気持ちのいい池で、のんびり竿出したい!って思いました(o^―^o)ニコッ

そしてこのニワトリ「ココちゃん」が池と山の管理人らしい、人に慣れていてまったく逃げない。我が家のバーサン犬のココと同じ名前だわ・・・

遠~い昔、子供の頃夜店でピンクのヒヨコを買ってもらって、一生懸命世話をして大きくなったらオスだったことが判明、可愛がってやったのにそのニワトリに頭を突っつかれて泣いて逃げた怖~い思い出があるので、あれからニワトリは苦手です。

でもこのココちゃん人が好きみたいで私の傍から離れない、カワイイけどやっぱり触れなかった(;´▽`A``。

そういえばピンク・水色のヒヨコ・・知っています?

« 誕生日の花 | トップページ | 15,16日連荘 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

>遠~い昔、子供の頃夜店でピンクのヒヨコを買ってもらって、一生懸命世話をして大きくなったらオスだったことが判明
>そういえばピンク・水色のヒヨコ・・知っています?

 カラーヒヨコは、全部オスです(低い確率で、間違うことがあるかも知れませんが)。
選別で弾かれたオスで、これを「抜きオス」と言います。いらない鶏の処分に困って悪い大人が染料で染めて作り出した生き物で、田舎の子は知っているから買わず、都会の子が騙されます。

 ヒヨコは、初生雛鑑別師の有資格者が雌雄を分けており、鶏卵が生めないオスは処分か、鶏肉として売るために肥育飼料が与えられます。

 一般的に、よく言われたのは抜きオスを大きな缶へ捨てていって殺処分するとか、今では噂だとシュレッダーにかけているとか言われていますね。子どもには、処分するところまで見せませんから、よく分かりませんが。

ニワトリでわかりましたよ~

ここは、私がしょっちゅう行ってる所です。

雰囲気はいいし、大きいのが釣れるし、

何と言っても、『タダ』ですからヽ(´▽`)/

kagaさん、おはようございます
>カラーヒヨコは、全部オスです(低い確率で、間違うことがあるかも知れませんが)。
kagaさんもこのカラーヒヨコ知っていましたか?
そうなんだ・・オスなんだ・・・知らなかった
そうだよねぇ~オスは卵産まないもんね
選別されちゃうんだね・・・(;;;´Д`)
突き詰めていくと残酷な話題になっちゃうんだね

ゴリさんはこのカラーヒヨコは知らなかったみたい
私の子供の頃は、運動会でも出店が出てたんだよぉ
校門のところで売られていて買った記憶があるんだ
今では信じられないよね(;´▽`A``

ざりがにさん、おはようございます
アララ!わかっちゃいましたか?
まさかニワトリでわかっちゃうとは・・・( ̄◆ ̄;)
常連さんしかわからないことですよね
でもここいいところですよねぇ
近かったらすぐにでも行ってしまう(* ̄ー ̄*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニワトリ物語:

« 誕生日の花 | トップページ | 15,16日連荘 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

第5回ナリーズ杯

最近のトラックバック

無料ブログはココログ