« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

菜の花

20110224

http://photozou.jp/photo/show/208368/21037988 画像をお借りしました

来週はもう3月ですね、もう春・・・いいなぁ季節が変わるって

さ~て!っとお休みとらなきゃ!

雪解けの山並みに菜の花、見に行きたいなぁ~信州かな?

おいしいもの食べて、軽やかに歩きたい!

その前に傍で手が届く釣りに行こうかな!(* ̄ー ̄*)

親心子心

私にとって長い長い一ヶ月が過ぎてしまいました。

なんで?から、それは卑怯だろう?と怒りに変わり、でもこうなったのは私達がこうしたからか?いろいろなことを思い起こし後悔・・でも最後は心配しかなく、生きているんだろうか?どこにいるんだろう?食べているんだろうか?寒いだろう、風邪はひいていないだろうか?犯罪に巻き込まれていないだろうか?末は生きているんだろうか?

お察しの通り、息子が行方不明になってしまいました。仕事に迷い、だったら家業を勉強したら?と家に戻って2年、でも結果ゴリさん、私、息子の考え希望将来・・・これが噛み合わなかったんですね。

そんなこともわからず、がむしゃらに働き詰めだった私は息子の気持ちも知らないでいました。で、前触れもなく突然出て行ってしまいました。計画的でもなく金銭も持たず、キャッシュカードも全部部屋にありました。頼みの綱は携帯電話と車だけ、でも携帯も繋がらず、毎日10回以上の電話をかけ、メールを送り、でも一度も電話に出ることもメールの返信もありません。言葉に出せばわかることなのに、こうすることしか自分を表現できないばか息子・・・

日中は移動時間の時以外は考える暇もなく仕事に没頭し、でも夜は夕飯を終えたらゴリさんとは別の部屋で、泣いてばかりいる毎日でした。

その上ゴリさんとの言葉言葉に反感し、怒り、男親と女親の気持ちの違いで喧嘩の毎日、母親って愚かなものです。体重もどんどん減り、夜はお酒で紛らわし、でも紛らわすどころかどんどん自分を追い込むばかりでした。

「おまえの気のすむまで、心配が消えるまで探せよ、居場所がわかれば安心するだろ?」

その言葉に我慢し続けていた気持ちが爆発、あれもこれもといろいろな手をつくしたのですが、結果は見えてきませんでした。警察は犯罪に関係しない限り動いてはくれません。個人情報はもっと強力になっていました。

そして先週土曜日、娘とゴリさんととことん話し合いぶつけあいました。自分の気持ち、娘の気持ち、ゴリさんの気持ち・・

親が我慢するか?子供が弱音をはいてくるか?子離れ親離れのいい機会じゃないか?金もなく一ヶ月頑張ってるんだから見上げたもんじゃないか、何も連絡がないのは無事な証拠!うんうん、うんうんと泣きながら頷く私。

その日以来、私は電話、メールをやめました。土曜日、日曜日、月曜日、そして今日、泣かない、笑う・・・

後数日か?後数ヶ月か?後数年?もしかして数十年?

成長した子供の顔を見られることを信じて、帰ってくる家は残してあげなきゃ、ばか親だけど考えを変えようと思っています。

釣りも再開するぞ!オシャレもして、帰ってきた息子にババァになったな?なんて言われないように、前向き前向きに!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

第5回ナリーズ杯

最近のトラックバック

無料ブログはココログ